コラム

記入者:湯坐麻里子

うちの事務所の外回り用の車をたまに使うと
エンジンをかけたときに流れているのは毎度FMラジオである。
私はAMラジオ,それもNHKラジオ派なので必ずNHKAMラジオに切り替える。

先日,うちの事務と共に車に乗った際に
「何,君らはAMは聴かないわけ?」ときいたら
「そう,たまにAMになってるときがあって誰がきいてるの?
渋いなぁと思っていました」という返事が返ってきた。

私はAMラジオ(それもNHK)を仕方なくきいているのではなく積極的に好きである。
母がよくきいていた影響であろうが,大学時代はTVを下宿においていなかったので
(今もそうだが,基本的にTVはあまり好きではない)
なんとなくつけるのはもっぱらラジオであった。

AMラジオをきくかきかないかというのは意外と世代性があるのだろうか
初めて自分のラジオをもったのは,中学生になったときである
世代的な話になるが,私の中学時代にはまさに「中学時代」という雑誌と
「中学コース」という雑誌があった。
これらは激しい部数争いをしており,どちらの雑誌も
新中学生に対して「年間購読を予約すればプレゼントをあげます」
というキャンペーンをして購読を誘引していた。
そのプレゼントがまさにラジオであったのである。
しかもヘッドフォンつきのラジオで,
夜中でも何でも人目(人耳)をきにせずきけますよ(ここが小学生との違いだろう。
大人の第一歩である)という趣向であった。

さて青春時代にきいていたラジオといえば,
1 ハイヤング京都(KBS京都)・・・今思うとなんともいえん番組名である
2 オールナイト日本(ニッポン放送),である。
(こうやって考えると
NHKラジオをききだしたのはやはりもう少し年をとってからだ)
今の子どもはどうだか知らないが,
我々の時代はラジオの影響を結構受けているのではないだろうか。

私の時代だと(これが中学だったか高校だったよく覚えていない)
島田紳助がハイヤング京都のパーソナリティをやっていた。
島田紳助って,TVではどうだか知らないけど(というのはTVを観ないから)
かなり真面目でかなり熱く語る人である。
だから,まだまだ可塑性に富んでいた青春時代にこの人のラジオをきいて
彼の人生観に影響されている関西人というのはかなりいると思う。

その他,私がよくきいていたのは,
中島みゆき,越前屋表太,ビートたけし,簑屋雅彦あたりである。
そういえば,福山雅治もオールナイトニッポンのパーソナリティを
担当していた頃があった。
ラジオだと本当に単なるエロい兄ちゃんであり,
底抜けの明るさ(というかチャラさ)が
見た目の格好良さとアンバランスでなんとも面白かった
中島みゆきも,お作りになる歌とは反比例して,ご本人はド明るい人である。
あの人のラジオもかなり面白かった。
いつも本当にふざけた内容のラジオだったのだが,
最終回の方で,しんみりした話をされて,
その内容があぁやっぱり芯の強い人なんだなぁという内容だったのが
今でも印象に残っている。

〓〓〓〓〓〓〓
ん,何の話をしようと思っていたのでしょうか。私
いつのよりまして題名と話がずれているではないか

NHKラジオをきくといっても毎日ではない。週に1,2回であろう。
聴く度に毎度といっていいほど耳にするのが
「福島県在住の○○さん(これは特定の人ではない)からのお便りです」である。
これ,本当にびっくりする位毎回である。
旦那にこの話しをしたら「俺も気付いていた」と言われた。

福島県の人は,ラジオ番組に投稿するのがたいそう好きらしい。
私の予想では,多分,投稿者の90%が福島県民で
でも全国放送であるNHKラジオにおいては
あまりに偏るのも何なので30分に0.5人採用というルールがあるのである
(というのは全く勝手な予想)

それにしてもなぜだろう。東北でも他県は目立って多くはないので
東北人だからという理由ではないハズ。
かなり不思議である。マメというか律儀な県民性なのでしょうか。