コラム

記入者:湯坐麻里子

うちの事務所の外回り用の車をたまに使うと
エンジンをかけたときに流れているのは毎度FMラジオである。
私はAMラジオ,それもNHKラジオ派なので必ずNHKAMラジオに切り替える。

先日,うちの事務と共に車に乗った際に
「何,君らはAMは聴かないわけ?」ときいたら
「そう,たまにAMになってるときがあって誰がきいてるの?
渋いなぁと思っていました」という返事が返ってきた。

私はAMラジオ(それもNHK)を仕方なくきいているのではなく積極的に好きである。
母がよくきいていた影響であろうが,大学時代はTVを下宿においていなかったので
(今もそうだが,基本的にTVはあまり好きではない)
なんとなくつけるのはもっぱらラジオであった。

AMラジオをきくかきかないかというのは意外と世代性があるのだろうか
初めて自分のラジオをもったのは,中学生になったときである
世代的な話になるが,私の中学時代にはまさに「中学時代」という雑誌と
「中学コース」という雑誌があった。
これらは激しい部数争いをしており,どちらの雑誌も
新中学生に対して「年間購読を予約すればプレゼントをあげます」
というキャンペーンをして購読を誘引していた。
そのプレゼントがまさにラジオであったのである。
しかもヘッドフォンつきのラジオで,
夜中でも何でも人目(人耳)をきにせずきけますよ(ここが小学生との違いだろう。
大人の第一歩である)という趣向であった。

さて青春時代にきいていたラジオといえば,
1 ハイヤング京都(KBS京都)・・・今思うとなんともいえん番組名である
2 オールナイト日本(ニッポン放送),である。
(こうやって考えると
NHKラジオをききだしたのはやはりもう少し年をとってからだ)
今の子どもはどうだか知らないが,
我々の時代はラジオの影響を結構受けているのではないだろうか。

私の時代だと(これが中学だったか高校だったよく覚えていない)
島田紳助がハイヤング京都のパーソナリティをやっていた。
島田紳助って,TVではどうだか知らないけど(というのはTVを観ないから)
かなり真面目でかなり熱く語る人である。
だから,まだまだ可塑性に富んでいた青春時代にこの人のラジオをきいて
彼の人生観に影響されている関西人というのはかなりいると思う。

その他,私がよくきいていたのは,
中島みゆき,越前屋表太,ビートたけし,簑屋雅彦あたりである。
そういえば,福山雅治もオールナイトニッポンのパーソナリティを
担当していた頃があった。
ラジオだと本当に単なるエロい兄ちゃんであり,
底抜けの明るさ(というかチャラさ)が
見た目の格好良さとアンバランスでなんとも面白かった
中島みゆきも,お作りになる歌とは反比例して,ご本人はド明るい人である。
あの人のラジオもかなり面白かった。
いつも本当にふざけた内容のラジオだったのだが,
最終回の方で,しんみりした話をされて,
その内容があぁやっぱり芯の強い人なんだなぁという内容だったのが
今でも印象に残っている。

〓〓〓〓〓〓〓
ん,何の話をしようと思っていたのでしょうか。私
いつのよりまして題名と話がずれているではないか

NHKラジオをきくといっても毎日ではない。週に1,2回であろう。
聴く度に毎度といっていいほど耳にするのが
「福島県在住の○○さん(これは特定の人ではない)からのお便りです」である。
これ,本当にびっくりする位毎回である。
旦那にこの話しをしたら「俺も気付いていた」と言われた。

福島県の人は,ラジオ番組に投稿するのがたいそう好きらしい。
私の予想では,多分,投稿者の90%が福島県民で
でも全国放送であるNHKラジオにおいては
あまりに偏るのも何なので30分に0.5人採用というルールがあるのである
(というのは全く勝手な予想)

それにしてもなぜだろう。東北でも他県は目立って多くはないので
東北人だからという理由ではないハズ。
かなり不思議である。マメというか律儀な県民性なのでしょうか。

 

記入者:湯坐麻里子

先日、労働局のあっせん委員を担当させていただいている関係で
労働局の総合労働相談コーナーの相談員さんの研修の講評の仕事をしてきた。

例題について各班が討議された内容について講評をするというものだったが
皆さん、あっさり正解を述べられていたので
(主に社労士さんなので当然の話ではあるのだが)
「いやー 皆さん、分かっておられるので、別に私が講評せなあかんという
話でもないと思いますけど、それではあかんと怒られると思うので
一応、弁護士としての感覚みたいなことも含めてお話します」と言って
皆さんから笑われながら、講評(らしきもの)をしてきた。

労働問題というのは、
「兼業禁止になってるから、休みの日にバイトするのも絶対ダメ」
「なんで有給なんかとらせなあかんねん」
「懲戒解雇なら解雇予告手当はいらんだろう」
「解雇予告手当を払えば、即時解雇も当然有効」
(いずれも誤りである)等々、世間一般的に誤解されていることが沢山ある

弁護士でも、労働事件はちょっと特殊だからやりたくないという人がいたりするし、
正直なところ、私の経験上、弁護士から間違ったアドバイスを受けておられるケースが
ないことはない(そういうケースに遭遇したのは1度や2度のことではない)
訴訟をやっていても、この先生ズレてんなぁと思った経験も幾度かある。

労働者にとっては、労働問題とはまさに生活がかかった切実な問題である。
雇用者にとっても、労働紛争を抱えることはプラスの方向の話ではない。
日々前進していく為には問題発生をできるだけ防止することが重要である。
それも問題が大きくなる前に早め早めに対処していくことが必須だと思う。

疑問に感じることがあれば、労働局の相談センターなり、弁護士の法律相談なりに
行かれることをおすすめしたい。

 

記入者:湯坐麻里子

先日、とある会社の営業担当の方に
「・・さんは優秀な営業マンって感じですね。
引き抜かれてきはったんですか?」と尋ねたら
「え、ずっと社にいます。しかも、バブル時代の入社なので
何かと『あのバブル組は』と言われて(揶揄されて)います」という回答が返ってきた。

そこで、「別にバブル組だから皆できないというわけでもないし、
だいたいできない奴に限ってそういうことを言いたがるんですよね」と
いう話になった。

私は年齢的にバブル組には入らない。
しかし、この手の偏見については日常的にさらされている。
しかも、割と幼い頃からである。

それは「女のくせに」というセリフである。

「女のくせに理屈くさい」
「女のくせに言い返すな」
「女のくせに法学部に入った」
「女のくせに弁護士である」
等々、ほんとにそういうことを言ってくる人は沢山いる。
(今も、相手方からこういうことを言われることはよくある)

上記に対する私の考えは下記の通りである。

男だから、女だから(この部分には、「バブル組だから、そうでないから」とか、
その他憲法14条後段「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により・・」という
文言、どれを入れてもOKである)という発想自体、全く意味がない。

女でも、腕力のある人、数学の得意な人、理屈臭い人(←私)もいるし、
男でも、優美なことが得意な人(假屋崎さんとか)、家事が好きな人等色々いる

私は、女性には女性の特性・傾向、男性には男性の特性・傾向があることまで
否定はしない(ジェンダーの観点からするとこれをどこまで受け入れるのか私にはよくわからない)

しかし、たとえば、「女は地図を読めない」と言われているといったって
A君よりも地図を読むことに長けているBさんだっているだろう。
女はか弱い(か弱くあるべし)と言ってるおっさんが谷亮子に勝てるのかといえば
きっと投げ飛ばされるだろう。ゴルフをしたって、藍ちゃんに負けるだろう。

結局、人を判断するときはその人の個性に従って判断すべきなのであって
「女だから、男だから」「大卒だから高卒だから」等、固定化な見方をしていると
本質を見誤ると思う(類型化することはあっても,個性によって違いが出てくることは想定しておかなければならない)。

さらにいえば、「30歳までに結婚するべきだ」とか
「結婚したら子どもは何人もつべきだ」と
(この種の暴論はきりがなくて、だったら子どもがいればOKなのかといえば、
「子どもは1人ではダメで3人は必要」とか
「帝王切開ではだめで、お腹を痛めて自然分娩で産まねば
母親とはいえぬ」とか
これでもかという位色々あるのである。
離婚事件を担当しているとこういう話はヤマほどでてくる)
そうでないと一人前ではないみたいな言い方をして
変な人生論みたいなのを押しつけるのも誤りだと思う

ちなみに、なぜ、類型的な見方をする人がいるのか、しかも
それにこだわる人(こだわりが強いと「偏見」になる)がいるのかといえば
それが楽だからであろう。

さらに、きついことをいえば、そう言うことによって自分を守っている人すらいる。
「あれは女だから」「バブル組だから」「出自が悪いから」という一言で
実力を判断することなく、自分が優位にあるかのような判断をするのである。

私は、そういう判断の仕方にさらされても、慣れているところもあって
そんなに腹は立たない。「またか」という感じですらある。
判断方法が間違っていると思っているので、別にそう思うなら思えという感じである。

そういえば、毎日新聞で林真理子が「下流の宴」という小説を連載しているが、
ここに登場する女性(主人公の彼氏の母親・その娘も然り)が
典型的な類型的な見下し方をする人であった。

この小説、世相と風俗をかなり興味深く描いていて、
そこにまた典型的な人物達を登場させて、と林真理子の真骨頂ともいうべき設定だと思う。
林真理子って、こういう週刊誌的な話を小説に仕立て上げることについては
まさに「他の追随を許さない」作家だと思う
(設定は週刊誌だが、背景には非常に鋭い洞察がある)

話がそれてしまった

でも、「下流の宴」。かなり面白いです。
(完全に話がそれてしまいました・・・)