コラム

記入者:湯坐麻里子

法的に詐欺とまでいえないけど
でも,誠実ではない宣伝というのは沢山ある

〓〓〓〓〓〓〓

その1

「雑誌に掲載されました」という化粧品やら健康食品
でも,それってただ単に雑誌に見開きで広告を出してるというだけで
「雑誌に紹介された」わけではない

もっとも,化粧品会社も「掲載されました」と書いているだけなので
偽ってはいない。

そもそも,それなりにお金を払えば雑誌に載せてもらうことも可能だろうと思うので
雑誌に掲載されること自体,必ずしも絶対的な品質保証ではない。

その2

山間の土産物屋さんで売っているキノコの瓶詰めその他

瓶の裏のラベルを見ると,「原産地 中国 販売者 どこどこ」となっている

別に,現地産と宣伝してるわけではないけど
でも,現地でとれたのかしらと一瞬は思う
(まぁ今時それすら思わないかもしれないけど)

その3

京都風(京都以外にも,横浜とか北海道とか,キーワードは沢山ある)商売

特に和菓子に多いのだが,
「京都店」とあるが,本店は京都でなく別の地域だったりする。

特に私は和菓子マニアである。
そして,3年前まで京都に住んでいた
京都の和菓子については
かなり辺鄙なところにある和菓子屋さんであっても買いに行って食べたりしていたので
それなりに知っているつもりである
(京都の和菓子についてはマニアが多いので,マニア同士の情報交換も盛んなのである)
また,例えば,松風なら松風でいくつもの店の物を並べて食べ比べたりするので
味についても結構うるさいつもりである

先日,みかけた豆餅
「京都の和菓子です」「京都ではかなり有名です」という宣伝であった
HPを見ると「京の伝統」みたいなことも書いてある

でもきいたことない名前だし,裏を見たら京都の会社ではない

でも美味しければそれはそれで良しと思って冷やかしで買ってみたら
食べられたものではなかった

〓〓〓〓〓〓〓

今回,京都(風)和菓子に接して,「あぁ騙すというのはこういうことか」と思った

京都の和菓子については自分の知識と味覚に自信があるので
こうやって偽物本物のみわけがつく

でも,和菓子以外の鑑定能力については自信がない
まぁ,美味しければどこのものでもよいのだし
結局は自分で納得できるかどうかだと思う

ただ,よくある「芸能人が美味しいと言っている」という類の広告については
昔から疑問を感じている

芸能人だからといって味覚が優れているとは限らないと思う
いろんな物を食べる機会があったとしても,味覚が既に壊れていれば
味の違いは分からない筈である。

〓〓〓〓〓〓〓

このように「あぁ騙された」と笑える範囲であればよい

しかし,悪意のある相手に騙されて,とんでもない負債を抱える結果になったり
健康を害したりという事案については
「騙された方も悪い」という話で済まされない。
騙した側の悪質性の方が問題である。
自分を責めるばかりではなく,一度相談された方がよいと思う。