コラム

記入者:湯坐麻里子

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ここ数年,年が変わったとか変わってないとかという気分でもなく
なんとなくの行く年来る年である。

去年の紅白は嵐が司会をしていたので,ようやく嵐を見たが
松本君のみは知っていたが,
あとのメンバーはやっぱり見覚えのない顔だった
今年,また彼以外のメンバーを見ても絶対に分からないと思う・・・

〓〓〓〓〓〓〓

年末年始は実家のある滋賀に戻るのがパターンである。
私の祖母の出身は三重県の津市(もっとさかのぼると岩手県の出身らしい)である

そのせいか,割と三重県に行く機会が多く,
中でも,鳥羽水族館のある鳥羽と伊勢市のお伊勢さんに行くことが多い
特に年末か年始のいずれかにはほぼ欠かさずお参りしている
別に信心深いわけでも,政治的な思想的背景があるわけでもなんでもないが,
なんとなく行ってしまう

〓〓〓〓〓〓〓

さて,今回は年末に三重県に行った
最初は鳥羽水族館に行った(実は私,大層,水族館が好きなのである)
閉館間近の16時までいたので,その後,お伊勢さんに行くか否か迷い
旦那から「そもそも伊勢神宮は夕刻に参詣することができるのか」と言われたのだが
「いや,昔,夜に伊勢参りをしたことがある。
そもそも,神社は24時間あいている筈である」
「でも(?)せっかくだから,赤福の茶店で赤福も食べてこよう」と伊勢神宮に向かった
(茶店で食べる赤福は持ち帰り分とはまた別のおいしさがあるのである)

で,まず,赤福を食べ(閉店間近のぎりぎりだった),
「やっぱりここまで来てお伊勢さんにお参りしないのは罰当たりなのではないか」
(しかも赤福だけ食べて・・・)
と突如弱気になった私が,とりあえず,ちょっとだけでも拝んでくるわと
走っていったら,守衛さんがすごい形相で走ってきて思い切りストップをかけられた
改めて見てみると鳥居の下あたり「民間参拝は終了しました」と大きな看板が出ていた

しかし,「民間参拝」という言葉に改めて伊勢神宮の位置づけの歴史的経緯を思い出した
でも,私などは「年末年始のお伊勢さん」というのは幼い頃からの習慣であり
位置づけ以前の風習になってしまっている
だから,今年は改めてお伊勢さんにお参りしないとなぁと思っている。