コラム

08年11月 : 求 情報(読書)

記入者:湯坐麻里子

 多くの人がそうだと思うが,私も読書が好きである。
面白い本を読むと,作者に対して「ほんまにほんまにありがとう!」と思う。そして,同じ作者の本を読み尽くすのが毎度のパターンである。

 しかし,考えてみれば,本というのは,作者が頭の中で考えたことやら,取材したことやらを伝えているだけのものである(勿論,いかなる場面を設定し,いかなる表現をするかはもの凄く才能が必要だけど,ここで言いたいのはあくまで頭の中の世界に過ぎないという趣旨なので誤解なきよう)。それを他人が読んで感動したり喜んだりしているというのもおかしな話だと思う(まぁ,それを言うならこのコラムこそ,「だからなんやねん」という代物であるが)。
 特に,ノンフィクションならともかく「小説」は,言ってみればちっぽけな人間1人が頭の中で考えて創作したというだけのものである。まぁ,たまに「偉大な人」というのもいるけど,どう言ったって人は平等で,基本的に1人1人の価値は変わらない。特に,地球や宇宙の営みからすれば,人間1人がなんやねんという程度の生物に過ぎない。そのようなちっぽけな人間の,しかも頭の中の産物に過ぎない。

 しかし,読書好きは多いし,本の紹介の記事やら雑誌やら,皆,よい本を求めている。私が思うに,人というのは結局寂しがりやの生き物なので,いつも共感できるものを求めているのだろうと思う。尚,ここでいう「共感」とは,皆と同じ本を読みたいという意味ではなく,本を読んで心の琴線を振るわしたい(この表現は,多分,「心の琴線」という日本語的用法としては少し誤っていると思うけど),本に共感したいという意味である。

 そして,私も,何か面白い本はないかと常に探している。でも,なかなか巡り会わないので,とりあえず,本屋さんにいくと平台にある本に手を伸ばすことが多い。
と,この前ラジオをきいていたら,最近は本屋さんのポップ(平台にある本についてる本屋さんのコメント。手書きのものが多い)によって売れ行きが随分変わるという話が出ていた(例えば,外山滋比古の「思考の整理学」等)。

 確かに,私もポップがある方に手が伸びがちである。としても,ポップの書きっぷりによって,「ノリが軽すぎる」とか「あぁ,この人とは感性が違うな」とか,もっとひどい感想だと,「この人は大したことないな」と思ったりして,必ずしもポップがあるからと言って買うとは限らない。

 しかし,こうやってポップが注目されて,本屋さんの個性が前面にでてくるというのは本好きの私としては大歓迎である。

 として,本当に面白い本というのは,財産である。是非面白い本があったら,教えてもらいたい・・・
 ちなみに,私のお薦めは,色々あるけれど,一般的に受け入れられすいものでいえば,宮部みゆきの時代ものはホロッとくる上にストーリーの展開もよく,やはり,宮部みゆきは偉い!といつも思う。
 考えさせられるという意味では,村上龍の「半島を出よ」を始めとする,政治的意味合いをもった小説群はどれも面白い。でも,たまに私は村上龍的に言うとダメ人間かも,としんどいときもある(尚,龍は政治的小説とと破滅的な風俗的小説?の2通りあって,後者も嫌いではないが,たまになんでこんな小説書きたいのかねと思うことがある・・・。でも,彼は非常に頭のいい人なのできっと深い意図がある筈であり,ただ単に,それを私が理解していなだけだろう)。
 尚,同じ村上で有名な村上春樹の本も割と好きである(但し,何が面白いのかさっぱり分からん本もある)。小説ではないが「やがて哀しき外国語」というエッセイを読むと,小説よりも村上春樹そのものが心底好きになる。本当にこういう感性の人って好き好き大好きと思う。
 
 以上はいずれも有名な作家達であるので,まぁ,本好きなら皆読んでおられるであろう。

 として,私が大発見・大発掘と大喜びした本は,古本屋で本当にたまたまみつけた梨木香歩の「からくりからくさ」である。「丁寧に生きる」という生き方も示唆しつつ,ストーリー展開もなかなか面白く,ちょっと謎めいたところもあり,本当に面白かった。
 で,喜び勇んで色んな人に紹介していたが(京都時代にいた市民共同法律事務所のニュースレターにまで書いてしまった位),ふと気付くと「西の魔女が死んだ」という小説が映画化されて,いつの間にか結構有名な作家さんになっていた。
 まぁ,私は,「有名だから,ベストセラーなんかあかん」というこだわりはないので,かまわないのだけど,なんとなく面映ゆいような気になった(この点,「本は●冊同時に読め」という新書を書いているとある会社の元社長はベストセラーを読むような奴は馬鹿だと書いていた。しかし,別にベストセラーを読んだからアホということにはならんだろうと,あんたの妙な選民思想こそがバカだと大変不愉快になった。その他書いていることが色々と不愉快で,「あぁこういう不愉快な人でもトップになれるんだ」とある意味,いつもと違う角度から社会を知る意味でお薦めの本である・・・)。

 梨木果歩以外で,これは面白い!という本は,「大人は愉しい」という題で文庫として出版されている内田樹と鈴木晶,両先生の交換日記である。これはかなり面白い。この本を面白いというか否かで,私と合うか否かの判断が可能だと思う位,全身全霊かけて面白い(よくわからん表現だが)。

 今回は,やたらと長くなってしまったが,私が言いたかったのは,「面白い本は人生の財産です。面白い本があったら是非教えて下さい。」ということです。
 よろしくお願いします。